Green★Pharmacy

声優 緑川光のブログです(✿╹◡╹)




ドメーヌ ガレヴァン

1999 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCP99^ お買い得,セール

平均樹齢 100歳 セパージュ: ●グルナッシュ 90% ●ムールヴェードル 10% 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

1999 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCP99^ お買い得,セール —— 3,300円

ドメーヌ ガレヴァン

2001 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA1^ お買い得,セール

平均樹齢 100歳 セパージュ: ●グルナッシュ 90% ●ムールヴェードル 10% 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2001 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA1^ お買い得,セール —— 2,200円

ドメーヌ ガレヴァン

2001 シャトーヌフデュパプ ルージュ マグナム 1500ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPMQ^ お買い得,セール

平均樹齢 100歳 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2001 シャトーヌフデュパプ ルージュ マグナム 1500ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPMQ^ お買い得,セール —— 5,800円

ドメーヌ ガレヴァン

2003 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA3^ お買い得,セール

※こちらの商品は、若干ビンにキズがございます。 予めご了承ください。 1月21日 120本 完売 1月21日 120本 追加しました。 『神の雫』に登場しました!! 書籍のご購入はこちらから 平均樹齢 100歳 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2003 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA3^ お買い得,セール —— 2,200円

ドメーヌ ガレヴァン

2008 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン ^C0GVCPA8^ お買い得,セール

詳細と【送料無料にする方法】はこちら お得なセットに同梱で送料無料に! お得なセットに同梱で送料無料に! 【英字】DOMAINE GALEVAN CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2008 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン ^C0GVCPA8^ お買い得,セール —— 2,300円

ドメーヌ ガレヴァン

2009 サンジョルジュ シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン wineday ^C0GVCSA9^ お買い得,セール

エントリーで誰でもポイント10倍! 選べる豪華なおまけ!行楽らくらくセット! モンペラ&マルキドカロンご予約受付中! 詳細と【送料無料にする方法】はこちら パーカーポイント92+点! お得なセットに同梱で送料無料に! お得なセットに同梱で送料無料に! 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2009 サンジョルジュ シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン wineday ^C0GVCSA9^ お買い得,セール —— 4,200円

ドメーヌ ガレヴァン

2009 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン ^C0GVCPA9^ お買い得,セール

詳細と【送料無料にする方法】はこちら パーカーポイント91-93+点! お得なセットに同梱で送料無料に! お得なセットに同梱で送料無料に! 【英字】DOMAINE GALEVAN CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2009 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン ^C0GVCPA9^ お買い得,セール —— 3,000円

ドメーヌ ガレヴァン

2010 サンジョルジュ シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン wineday ^C0GVCS10^ お買い得,セール

エントリーで誰でもポイント10倍! 選べる豪華なおまけ!行楽らくらくセット! モンペラ&マルキドカロンご予約受付中! ≪パーカーポイント96点!≫ 詳細と【送料無料にする方法】はこちら お得なセットに同梱で送料無料に! お得なセットに同梱で送料無料に! 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2010 サンジョルジュ シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン wineday ^C0GVCS10^ お買い得,セール —— 4,200円

ドメーヌ ガレヴァン

2010 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン ワイン wineday ^C0GVCP10^ お買い得,セール

『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

2010 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン ワイン wineday ^C0GVCP10^ お買い得,セール —— 2,400円

ドメーヌ ガレヴァン

よりどり 8本ご購入で 2012 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン wineday ^C0GVCP12^ お買い得,セール

エントリーで誰でもポイント10倍! 選べる豪華なおまけ!行楽らくらくセット! モンペラ&マルキドカロンご予約受付中! ≪パーカーポイント91点!≫ 詳細と【送料無料にする方法】はこちら お得なセットに同梱で送料無料に! お得なセットに同梱で送料無料に! 【英字】DOMAINE GALEVAN, CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

よりどり 8本ご購入で 2012 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ワイン wineday ^C0GVCP12^ お買い得,セール —— 2,600円

ドメーヌ ガレヴァン

パーカー91+点 神の雫 第11巻に登場した2003年のNEWビンテージ 2007 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA7^ お買い得,セール

パーカーポイント91+点! 『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

パーカー91+点 神の雫 第11巻に登場した2003年のNEWビンテージ 2007 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA7^ お買い得,セール —— 3,200円

ドメーヌ ガレヴァン

神の雫 第11巻に登場した2003年のNEWビンテージ 2006 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA6^ お買い得,セール

『神の雫』に 登場しました!! 書籍のご購入はこちらから [2003]シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ  ・100歳のグルナッシュの古木!!!  ・超名門ボーカステルの門前の畑!!! AOCコート・デュ・ローヌワインばかりの試飲会があり出かけました。総勢45蔵その日も片っ端から各ワインを試飲していると、ある一本が、飲めば飲むほどうまみが追いかけてくるのです。 昆布出汁やかつお出汁のうまみが大好きな日本人の私には、これまで飲んだものよりズバ抜けてうまみの凝縮感が感じられて、まるで、『するめ、昆布、かつお、干ししいたけ、干し貝柱、干しえび』のエキスを抜き取りきったかのような強烈なうまみ爆弾! ううん?なんていう蔵だろう、ドメーヌ・ガレヴァンか・・・・。ひとつひとつが本当に丁寧に果実味とうまみを抽出して和合させてあって、どれひとつも文句のつけようがありません。もう、これぞ完璧な激ウマコート・デュ・ローヌです。 AOCローヌですが、ガレヴァンのワインは、これまで知る中で世に素晴らしいと謳われる、あの漫画掲載で人気独占のサンコム・ドゥ・アルビオンにまさるとも劣らない、ブルゴーニュの熟成古酒にも似た素晴らしく複雑な香りと味わいがあるのです。 この蔵、ただもんじゃない・・・・。その2日後、ドメーヌ・ガレヴァンにお邪魔しました。 なんとまぁ、ガレヴァンはあの名門蔵が乱立するシャトーヌフ・デュ・パプの心臓部、クルテゾン村にありました。この村には、有名蔵、ピエール・アンドレ、オタール、クロ・デュ・カイユー、などなどパーカー氏から★★★★をもらっている蔵だけでも片手以上、その他95点蔵パニス、あの大有名★★★★★蔵、ジャナスとボーカステルのお膝元でもあるのです。 シャトーヌフと全く同じじゃがいものような小石がゴロゴロの畑に、それはそれは樹齢の古いブドウの木々が整然と植えられていました。 ↑これが、ボーカステルのシャトー ボーカステルの真向かいのガレヴァンのシャトー・ヌフの畑(100歳のグルナッシュ) 上のシャトー・ヌフの畑の道の向こう側にある、ガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑(70歳のグルナッシュ) 樹齢が70歳を過ぎたグルナッシュは、もう佇むだけで、深みと風格があり、ブドウの木というよりも人のよう。うあ~、どこまでも続いているこの古木の畑、お手入れも見事。でも除草剤など使いませんから、小さなお花が石の間をぬって、一生懸命咲いています。 車で道路を一跨ぎすると、そこはあのシャトーヌフの帝王ボーカステル。ガレヴァンの畑は確かにガレヴァンのものなのですが、ボーカステルの一部ともいうべき位置にあるのです。 樹齢の100歳にも達する立派なブドウが、道の向こうの先ほどのガレヴァンのAOCコート・デュ・ローヌの畑よりもさらに深い大きな石が積み上げられた畑(これが畑とは信じがたい)に必死で立っています。 掘って掘って掘り返して、20cm以上の先にやっと土の層が。こうやって自然の中で頑張っているんだ、すごいなぁ。 清水のように純粋で厚みのある果実の味わいと香り。タンニンが渋いことも忘れてしまいそうな滑らかな舌触り。まるでうまみとフルーツのグミを口に含んだような美味しさ。 目も眩むこの完璧なる美酒がコート・デュ・ローヌ?こっちも、有名蔵もしり込みするほどのおいしさでいっぱいのシャトーヌフ・デュ・パプ。だってあの畑の位置なんだよ、ボーカステルの・・・。 ふと目をやれば、アシェットガイド、マコンコンクール、オランジュのコンクールなどなど、表彰状が壁一面並んでいます。 すごい蔵もあったもんだなぁ、こんな名品を道ひとまたぎで、コート・デュ・ローヌで売ってしまうんだから。 ドメーヌ・ガレヴァンの蔵訪問記はこちら!

神の雫 第11巻に登場した2003年のNEWビンテージ 2006 シャトーヌフデュパプ ルージュ 750ml ドメーヌガレヴァン 赤ワイン コク辛口 ^C0GVCPA6^ お買い得,セール —— 2,700円